検索
  • atamakaiji

ぼくにとってはリベンジだった。

更新日:2020年3月14日

今から15年は昔、「ツアーバンドの聖地」ファンダンゴにまつわる

苦い苦い思い出があります。

かつて組んでいたバンドでそれはそれはヒドいライブをして、

もう二度と呼ばれなかったのです。

あの現場の白けた空気、精算時の店長さんとのやり取りが軽いトラウマになり

それ以降ファンダンゴの名前を見聞きするのを意識的に避けていましたね。


フロムカナダの武者修行ライブ「最初の三日間」に

ファンダンゴを選んだのは、第一級の現場でやる必要があったのと

そういう個人的ないきさつがあったからです。

男女にせよバンドにせよ、こういうのを引き擦ったままというのはダメ。

ちまちまと辻褄を合わせながら過ごすことになるし

ちゃんと精算を済ませないと、次が見えてこないですよね。


ところで「十三ファンダンゴ」は、

聞きなれない「堺ファンダンゴ」に変わってました。

2019年に移転されたそう。

だいしょうぶ、わしらは十分鍛えてきたはずやと言い聞かせても

プレッシャーは当日までぼくにつきまとっていました。

またあんな目にあったらどうしよう、とか

考えたくないけどどうしても思ってしまう

それこそ男女の時はホイホイいっちゃうのにね。


当日、諸々の都合でメンバーは別々に会場入り

リハーサル前に彼らと顔を合わせてほっとしました。

実際に音を出すと、さらに落ち着いたような気持ちです。

「ふつうだ」


なんだかぼくはちょっと分かりました。

以前組んでいたバンド knock note alien(エイリアンズ)は

自ら頑張って奇跡や感動を起こそうとするバンドで、

フロムカナダは、無理をしないバンドだということです。


奇跡とか感動はきっかけをもらった受け手のなかで起こるもので、

発する側がどうこうするものじゃないことや、

受け手が何でもないものから奇跡を感じることが多々あること、

そもそも不自然なものには感動しにくいことも

若い時分にはわからなかったことです。


この日フロムカナダは、いつも通りふつうにライブをしました。

起こった奇跡は、精算時のファンダンゴ店長加藤さんの

「大阪のホームと思ってほしい」という言葉です。

嬉しかった。


個人的なリベンジも果たした

カンペキな「最初の三日間」の中日でした。



2020.3.1

@堺ファンダンゴ

w/

THEミーミーズ

村上”アッシュ“篤史

たじまトはない(かもしれん)


set list

1.映画

2.I♡sports

3.父母太陽

4.エッフェル塔に住んでる

5.光

6.再生のステップ



atamakaiji



閲覧数:100回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リモートでのMV「さかな~進化の前のゆううつ~」に対して 直接間接問わずたくさんの反響をいただいておりまして、 まずはそのことに感謝をお伝えします。 本当にありがとうございます。 みなさんに神のご加護があらんことを。

冗談みたいなひどい状況ですね。 それが自分たちだけじゃなくて、世界中が同じというのに 気持ちの遣り場はありますが それにしたって、コロナウイルスはひどい。 普段ぼくは誰かと会いたい話したいとあまり思わないタイプですが、 今だって特に誰かとしゃべりたい訳ではありませんが、 制限されると息苦しいものです。 とうぜんバンド活動にも大きな影響があります。 フロムカナダは課題曲を3曲かかえていて ライブ「最